夏らしいレジンアクセサリーを作るのにぴったりな資材をまとめました!

夏の海と空

夏らしいレジンアクセサリーを作るのにおすすめな資材をご紹介します。

夏にぴったりのレジン資材

星の砂

海の浜辺を再現したいときは星の砂がおすすめです。

沖縄などの浜辺で実際に落ちている砂なので、南国の海らしさを引き立ててくれます。

波のモールド

夏の海をレジンで再現するのなら、波のモールドを1つ持っておくと便利です。

モールドがあれば作るのが難しい水面の動きも簡単に再現できます。

ウミガメのメタルフレーム

夏らしいアクセサリーを作るときに欠かせないのが、ウミガメのメタルフレームです。

甲羅の部分に海をイメージしたレジンを合わせれば夏らしい涼し気のあるアクセサリーの完成です。

シェルパーツ

夏と言えばやっぱり海。

貝殻を用いれば簡単に海を再現することができます。

ドライヒトデ

ヒトデを入れたいけど金属のヒトデパーツだと雰囲気に合わない。そんな時は本物のヒトデをドライ加工した「ドライヒトデ」を使ってみてはどうでしょうか?

ドライヒトデは乾燥させてあるので、レジンの苦手な水分も気にせず使うことができますよ!

ガラスの小瓶

ガラスの小瓶を使えば、

海藻パーツ

海の底をイメージしたレジンアクセサリーを作るのであれば、海藻パーツを使ってみると色味を足すことができてきれいに見えます。

海藻パーツにはスポンジなどの素材で形を作ったものや、実際の海藻をドライフラワーにしたものまで様々な種類があります。

練り消し

練り消しは雲を作るときに役立ちます。

練り消しを伸ばしてちぎれた時に出るモフモフした部分を使えば、夏の積乱雲を作ることができます。

金魚のシリコンモールド

夏祭りで定番の金魚すくいをイメージした作品を作りたいとき、何もないところから金魚を作るのっ手難しいですよね。

そんなときは、金魚の型を取ったシリコンモールドを使ってみてはいかがでしょう。

 

まとめ

もう夏も終わりかけですが、暑い日はまだまだ続きます。

こんな暑い日には清涼感のある夏らしいレジンアクセサリーを作って、すっきりとした気分で毎日を過ごしたいですね。

海の底をイメージしたレジンアート海の底をイメージしたレジンアートが夏っぽくて最高!