レジン作品を10倍SNS映えさせる撮影テクニック&道具をご紹介!

レジン作品の撮影テクニック

レジンで満足のいく作品を作れても、SNSに投稿しようとしたら「あれ、なんか違う…」なんて経験をしたことがある人は多いんじゃないでしょうか?

どれだけいい作品を作れても、きれいに写真に撮れなかったらSNS映えしませんし、フォロワーの人たちからの反応も薄くなってしまいます。

逆に、そこまで満足のいかなかった作品でも、写真の撮り方を工夫するだけで見え方は180度変わるんです。

今回は、あなたのレジン作品をもっとSNS映えさせるための撮影テクニックと、おすすめの撮影道具をご紹介します。

撮影テクニック~光の当て方~

撮影に必要な光の当て方

レジンを写真に撮るときは光の当て方1つでも透明感の見え方が大きく変わってきます。

照明器具がないなら太陽光がベスト

光には「自然光」や「蛍光灯」など種類があります。この中で最もレジンをきれいに撮ることができるのは光は自然光(太陽の光)です。

レジンを撮影するときは窓際など太陽の光が当たりやすい場所で撮ってみましょう。印象がガラッと変わります。

屋内なら白いLED or 蛍光灯

LEDの中には暖色や寒色に色味を変えることができるものが販売されていますが、撮影時には白色のライトが最適です。

これらのライトなら作品本来の色で撮ることができます。

逆に電球色のものは避けるべきで、オレンジ色に映ってしまいます。

レフ板を使えば柔らかい印象になる

太陽光やLEDライトだけを使った撮影ではくっきりとした影が出てしまったり、見せたい部分が影で隠れてしまうことがあります。

かといって、いい感じに太陽光を当てようと思っても、太陽の動きはコントロールできません。

そこで、レフ板の出番です。

レフ板を使うと影を弱めて、ふんわりとした雰囲気の写真を撮ることができます。

レフ板を使うとどう変わるのかこのサイトが分かりやすいです。
>>>プロも使う!お家で簡単にできる最強のブツ撮りライティング環境を紹介します!(外部リンク)

明るさの調整が必要ならアプリで加工しよう

太陽光やライトを当てても写真に映すと暗かったり、白飛びしてしまうこともあるはずです。そういう時は加工アプリで写真の明るさを調整してみましょう。

おすすめのアプリは「LINEカメラ」です。

LINEカメラなら明るさや彩度の調整から、フィルターをかけたり文字を入れることまで全部これ1つでできちゃいます。

LINE Camera - 写真編集 & オシャレ加工

LINE Camera – 写真編集 & オシャレ加工

LINE Corporation無料posted withアプリーチ

背景をキレイにする撮影道具

レジンアクセサリーをSNS映えさせる背景の選び方

レジンアクセサリーをSNSに投稿するとき、背景が生活感丸出しだったらなんとなくかっこ悪いですよね。

そこで、おしゃれな背景変わりになる撮影グッズを使ってきれいに写真に収めましょう!

3COINSのフォトスタジオセット

3COINSのフォトスタジオセットは4枚のペーパーパネルと作り物の植物などがセットになっています。

1セット300円でコスパもよし!これ1つ買うだけで背景がおしゃれに引き締まりますね。

フラットレイシート

フラットレイシートは背景代わりになるおしゃれなデザインの紙が、なんと32種類もセットになっています。

しかも、32種類のパターンがあって値段は540円!(Amazon9月現在)

さらに、フラットレイシートを使っておしゃれに撮るための方法を解説したページもあるので、撮影センスに不安を感じている方も安心です。

サイズはこちらの方がやや小さいですが、だいたいのレジンアクセサリーを撮る分には問題のないサイズです。

 

まとめ:撮影方法に工夫して発信力を高めよう!

レジンアクセサリーを作っている方なら、SNSを使って作品を公開する機会も多いはずです。

せっかく作品を発信するのなら少しでもきれいに撮ってあげましょう。

綺麗に作品を撮ることができれば、ハンドメイド販売やフォロワーの獲得で有利に働くでしょう。